ゼロ円速報

2ちゃんねるで見つけた面白いニュースをピックアップしてお伝えします。メインは政治・経済系のネタです。

    年収

    daigimon2



    1: 海江田三郎 ★ 2016/07/21(木) 10:09:49.90 ID:CAP_USER
    http://r25.jp/life/00051659/?vos=nr25alsa20110119

    朝日新聞(7月10日付)の投書欄に寄せられたベトナムの留学生の投稿「日本人の幸福って何なの?」が話題だ。
    日本人の疲れた顔やあまり笑わない姿を見て、「経済的な豊かさは幸福につながるとは限らない」と感じたという内容が、
    ネット上でも注目を集め、議論となっているのだ。
    注目されたきっかけは、あるTwitterユーザーがこの記事を写した画像を添付し、「日本人は何のために頑張っているのだろう(哲学)」
    とツイートしたこと。この投稿は瞬く間に拡散し、同ツイートのリツイート数は13日時点で4万7000を突破。その数字から、いかにこの記事が衝撃的だったかがうかがえる。

    記事によると、この留学生は来日当初まで、「日本は立派な偉大な国」であると思い、その発展ぶりや豊かさを見て、
    故郷であるベトナムとの間に大きな差を感じていた。そのため、当然のように「日本人は幸せだと感じている」と思っていた。
    だが、来日から10カ月後、そうではないと気づいたのだという。
    彼女の目に映ったのは、電車内では睡眠不足で疲れ切った顔を見せ、それ以外のときでも、あまり笑わずに何かを心配している日本人。
    「日本人は何のために頑張っているのか。幸福とは何なのか。日本人自身で答えを探した方がいい」と締めくくられる。

    Twitterでは、

    「すっごいすっごい考えさせられる・・答えがないのだけれど」
    「反論の言葉が何一つとして出てこない・・・」
    「これ読むと、むなしくなってくるな。ほんのひと昔は笑いや、幸せあったのよ」
    「最後の一文がとても深いね。いくらでも自由に生きる権利があるんだから、いい塩梅で少しだけでも手を抜けたら楽なんだろうなぁと思う」
    と、的確な考察に衝撃を受けるユーザーの様子が伝わってくる。また、
    「留学生の方が日本を解ってるよ、大丈夫かよ社畜のみんな、現実見てくれ」
    「有給を取ろうものなら嫌な顔をされ、休日出勤だってある会社が多いだろうし。何のために生きてるんだろうね」
    と、働く日本人の現状を憂いたり、日本特有の慣習に改めて疑問を投げかける声もあった
    多くの日本人が共感した、ベトナム人留学生の投書。日本人それぞれが“心の豊かさ”を見つける必要があるのかもしれない。
    (山中一生)

    元スレ:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1469063389/ 【ベトナム人留学生「日本人は何のために頑張っているのだろう」と日本人をディスってるwwwwww実際、何のために頑張ってるの?】の続きを読む

    service


    1: 名無しのゼロ 2016/07/21(木) 20:41:32.53 ID:AN4uQHhu0 BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典
     待遇面に関して、「年収・給与制度」の口コミをいくつか取り上げてみよう。

     まずは三菱自動車の開発系社員のコメント。

    給与面に不満噴出

     入社5年で年収400~450万円という男性社員は
    「経営不振の煽りを受け、自動車メーカー最低水準。福利厚生は満足できるレベル」。
    別の男性社員も「問題が発生するといつカットになるのか不安でボーナス払いのローンが組めない」と手厳しい。
    一方在籍3年未満の若手社員からは「残業が許容されている部署はトコトン残業で稼ぐことができる」との声もあった。

     次にスズキの開発部門。

     在籍20年で年収820万円という男性社員は
    「残業代で稼いでいる。管理職になっても残業代の分、昇給するだけで年収は変わらない」。
    3年目で年収340万円の男性社員も「手当は残業以外皆無。通勤手当は赤字レベル」という。
    30歳で年収700万の社員からは「実力主義」との一言があった。

     待遇は給与だけで決まるものではない。有給休暇については両社とも「取りやすい」とのコメントはあった。

     しかし、技術・開発部門の有休消化率を見ると、三菱自動車は71.62%、
    スズキは57.22%。トヨタの82.43%に比べやはり悪い。

     一方、一ヶ月の残業時間は三菱自動車25.95時間、スズキ29.39時間。トヨタの31.67時間より低かった。

     今回の分析をもって、給料が低くて有休が取りにくいことが不正の原因だと主張するわけではもちろんない。
    ただ、開発上の問題を上層部に伝えず、現場が不正に走った両社の不正の背景に
    「開発部門と経営陣の断絶があるのは間違いない」(国交省幹部)。
    この断絶が待遇面などの歪みとなって表れているのかもしれない。

     また、口コミが開発側からの一方的な意見であることも付言しておきたい。
    経営陣へのどんな不満があったにせよ、不正を長期間漫然と続けていたモラルの低さは極めて悪質というほかない。
    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/221102/072000278/

    【現実はこんなもんです。三菱自のエンジニア、5年目で年収400万。スズキのエンジニア、3年目で年収340万。え、こんなもんなの・・・?】の続きを読む

    law


    1: 海江田三郎 ★ 2016/07/16(土) 10:27:58.48 ID:CAP_USER
    http://president.jp/articles/-/18443?page=2

    最近、弁護士事務所のCMや広告をよく目にするようになりました。テレビでも、弁護士は報道番組だけでなく、バラエティー番組などにも頻繁に登場します。
    司法試験は長年、日本の最難関ライセンスといわれ、それに合格した弁護士は、知的で華やかな職業に見えます。
    ところが近年、その弁護士の年収が激減しています。
    以下は、日本弁護士連合会が作成している「弁護士白書2015」で発表された、弁護士の収入と所得の推移です。
    収入は弁護士売り上げ、そこから経費を引いた所得は年収と捉えればいいでしょう。中央値とは、上から多い順に並べた際に、
    全体の真ん中になる人の値です。
    所得の中央値を見ると、2006年の1200万円から、2014年には600万円と、キレイに半額になっています。
    これは、あくまでアンケートに回答した人の値ですので、別のデータも見てみましょう。これは、国税庁が発表している、
    弁護士の申告所得情報から算定した、1人当たりの所得額です。概ね先ほどのグラフと同じ傾向を示していることが分かります。
    700万円弱といえば、社員数1000人以上の大企業における、大卒・大学院卒者の平均年収とほぼ一致する水準です。
    1200万円といえば、同じく大企業の部長クラスの平均年収となります。2008年当時は大企業の部長並みだった年収が
    わずか6年ほどの間に、全社員の平均水準くらいにまで下がったということになります。
    平均で捉えると、まだ食べていける水準ではありますが、実際には数千万、あるいは億を稼ぐ人もいる業界です。
    反対に、年収200万円、300万円といった低所得者も少なくないのです。日本最難関の資格を合格してきたエリートとしては、心もとない実態と言えるでしょう。
    では、なぜ弁護士は、儲からない職業になったのでしょうか?

    答えは明らかで、弁護士の数が増えすぎたのです。
    先述した「弁護士白書2015」では、表の数値も紹介されています。全国の弁護士人数は、2006年に比べて、
    2014年は実に約1.6倍にまで急増しています。これは、政府が進めた政策によるものです。
    2002年に閣議決定された「司法制度改革推進計画」では、以下のような表現で、弁護士など法曹人口を増やす政策が決定されました
    その政策の目玉が、法科大学院の創設による、司法試験合格者の拡大でした。裁判など法的需要の増加を見据えて、
    それに対応できる法律の専門家を増やそうとしたのです。

    【【悲報】アベノミクスの影響か?弁護士の給料が年収200万~300万も当たり前な時代に突入した。】の続きを読む

    このページのトップヘ