ゼロ円速報

2ちゃんねるで見つけた面白いニュースをピックアップしてお伝えします。メインは政治・経済系のネタです。

    プログラミング

    1: 名無しのゼロ 2016/09/25(日) 20:39:39.61 ID:VfuiUJEL0● BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
     
    小学校でのプログラミング必修化 約半数の親が「必要」と認識

    小学校での「プログラミング教育の必修化」について、親はどう思っている?――人材サービスのVSNの
    調査によると、約半数(48.5%)の親が必要だと考えていることが分かった。

    理由として「未来のテクノロジーをさらに進化させて欲しい」「小学生のころから基礎知識を身に付けさせたい」
    「将来、プログラミングができて当たり前の世の中になるため」――などが上位に挙がった。

    no title

    小学校での「プログラミング教育の必修化」は必要?

    また、子どもが将来、プログラマーやエンジニアになることついて半数以上(55.4%)が賛成した。
    理想とするエンジニアは「スティーブ・ジョブズ」「松下幸之助」「ビル・ゲイツ」――などが多く挙がった。

    no title

    子どもが将来、プログラマーやエンジニアになることついてどう思う?

    9月12~15日にネットを使って調査し、小学生以下の子どもを持つ10~40代の男女2706人が回答した。

    元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1474803579/
    【小学校でのプログラミング必修化、約半数の親が「必要」と回答。理想のエンジニアは「スティーブ・ジョブズ」だそうです】の続きを読む

    1: 名無しのゼロ 2016/09/24(土) 19:59:14.14 ID:xvvq7tJL0● BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
    需要No. 1言語はどれ? 2016年度人気プログラミング言語を徹底比較

    本稿は、Codementorのブログ記事を、Codementorより了解を得て日本語翻訳したものである。

    科学、技術、工学および数学の素養がある人材に大きな需要があり、高い賃金が支払われているのは
    特に目新しいニュースではない。米国におけるソフトウェア関連職種のオンライン求人数は、2007年から
    2012年にかけて、他の求人に比べ3倍の速さで成長している。

    米国労働統計局は、2012年から2022年にかけてソフトウェア開発に関する求人は、22%増加すると見込んでいる。
    2014年5月時点のソフトウェアアプリケーション開発者の平均年収は95,510ドル(約965万円)となっていた。

    これからプログラミングを学ぼうと思っている初心者は、どの言語を学ぶべきか考えていることだろう。

    各プログラミング言語の給与、需要、そして将来性を比較することによって、その疑問への回答のヒントとなるはずだ。

    ★ソース

    ----

    ■各プログラミング言語の現状(動的/静的)

    (略) 詳細はソースで
    各プログラミング言語の特徴とどこで使われているかなどが簡単に説明されている

    ■言語別求人のランキング

    さて、ここまで各プログラミング言語の概要を少しだけ紹介した。

    しかし、すべての言語に同じ需要があり、同等の給与が支払われるわけではないのだ。もし言語習得の目的が
    就業であり、また、言語習得がどんどん難しくなってきているという話にがっかりさせられたくないのであれば、
    次に紹介する内容が「どの言語を学ぶべきか」という問いに対するヒントになるだろう。

    下のグラフは、indeed.comによる給与統計を基に、各プログラミング言語を9つの層に分割したものだ。

    no title


    その結果、Swiftが一番多くの給与を得ることができ、Java、Ruby、 Python、C++とCも決して悪くない
    選択であることが判明した。さらに、給与のみに焦点を当てた場合はJavaScript、C#、SQLおよびPHPは
    理想的な選択ではないと言えるだろう。

    平均給与は、需要(どの程度求人があるか)、供給(何人の開発者がその言語を使えるか)および経験
    (経験の浅い開発者はシニアの開発者より当然賃金は安くなる)などに影響される。これに従い、結論を
    急ぐ前に他の要素もじっくり確認してみよう。

    つづく
    元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1474714754/
    【今、最も飯の食えるプログラミング言語とは?徹底調査したら「学ぶべき言語」が明らかに!】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/07/14(木) 21:02:43.06 ID:CAP_USER
    http://www.j-cast.com/2016/07/14272551.html

    「天皇の生前退位報道」に日本中が騒然とした2016年7月13日の夜。驚き、安心、さまざまな感情が渦巻く中、
    最も憂鬱な気持ちになったのはシステムエンジニア(SE)かもしれない。

    昭和から平成への改元時はパソコンも一般に普及しておらず、システム上で膨大なデータを構築、
    管理する習慣はなかった。しかし、社会のすみずみにシステムが入り込んだ現代で、それは通用しない。
    仮に改元となった場合、速やかな対応を迫られるであろうSEはネット上に「色々とプログラム絡みの事の方で頭いっぱい」
    「年号変更に怯える」といった不安の声を寄せている。

    SEたちの「悲鳴」は、NHKで「生前退位」が報じられた直後から寄せられた。ツイッター上は

    「年号変更に怯える」
    「SEやプログラマーの仕事増えそう」
    「色々とプログラム絡みの事の方で頭いっぱい」
    「とてもじゃないけど改修間に合わない」
    と阿鼻叫喚の様子だ。「1、2年前ぐらいから告知して頂きたい」といった要望も出た。

    現行の皇室典範は生前退位での皇位継承を定めていない。元号法は「元号は皇位継承があった場合に限り改める」と定めており、
    生前退位で改元するにはさまざまな制度改正が必要だ。とはいえ、宮内庁の山本信一郎次長は16年7月13日、報道陣に対し「生前退位報道」について、
    「そうした事実は一切ない」と否定している。先行きは依然、不透明な状況だ。
    一般的に和暦が明記されている日本の書類。役所に提出する帳票などには、最初から元号が記入されている場合も少なくない。
    仮に改元が決まった場合、企業や自治体、その他公的機関は書類のデータ、管理システムを修正する必要が出てきそうだが、果たして。

    全国のIT系企業が加盟する「一般社団法人 情報サービス産業協会」の担当者は7月14日、J-CASTニュースの取材に対し、

    「消費税増税のときに近い対応が迫られると思います。仮に改元ということになれば、どこのシステムも多少は影響を受けるでしょう
    。間違いなくSEの負担にはなりますね」
    と話す。
    ただ、具体的な修正方法や修正に必要な期間については、「こちらでは分からない」とのことだ。ちなみに同協会のシステム
    は「今はまったく修正を検討していない」という。

    hiduke

    【「生前退位」エンジニアでデスマ確定か?プログラマ「年号変更に怯える」】の続きを読む

    programing


    1: 海江田三郎 ★ 2016/05/28(土) 08:18:19.68 ID:CAP_USER
    http://jp.techcrunch.com/2016/05/17/20160510please-dont-learn-to-code/
    編集部注:本稿を執筆したBasel FaragはiOS Engineerだ。(そう彼は思っている)。GPUプロセッサー、ロボット、AIなどへの興味の他にも、
    Baselはコンピューター・サイエンス、天文学、哲学に興味を持つ。かつて彼は、「the Draft Punk of people」と称された。
    彼はこのフレーズの意味を理解していないが、それはほめ言葉だとは理解している。


    最近のテック業界で広まりつつある考え方がある。皆がプログラミングを学ぶべきだという考え方だ。
    しかし、その考え方には問題がある。プログラミングは、読み書きする能力のような必須のスキルではないのだ。
    シリコンバレーにおける文化的なごまかしに常に注目している人であれば、「Learn to Code」というムーブメント
    を耳にしたことがあるだろう。政治家、Code.orgのような非営利団体、
    そしてニューヨーク市の前市長であるMichael Bloombergにいたるまで、彼らはそれを明日の労働者が持つべきスキルであると伝導してきた。
    米国におけるエンジニアの需要に陰りが見えないことを踏まえれば、それはあながち間違いではないのかもしれない。

    しかし、これはもっと複雑な問題だ。
    私たちの世界は、人々が求められる人材に変わろうとする超競争化社会である。その世界におい
    てプログラミングを学ぶことを経済的な救済として人々に売り込むのは誠意のないことだ。
    コーディング・ブートキャンプを例にしてみよう。大勢の人々がシリコンバレーのエンジニアの成功を目の当たりにしていることから、
    皆が起業したり、エンジニアになることを望んでいる。HBOのドラマ「Silicon Valley」で描かれているのは、
    20代の若者がプログラミングをして大麻を吸いながら夜を過ごし、同時に何百万ドルものお金を稼ぐという姿だ。
    一夜にして何百万ドルもの資産を築いたように見える、Elon MuskやMark Zuckerbergといった人々にアメリカ人は驚嘆している。
    プログラミングに対する熱はホワイトハウスにまで広まったようだ。オバマ大統領は、
    すべての公立学校のカリキュラムにコンピューター・サイエンスの授業を取り入れようとしている。
    不可解なことではあるが、プログラミングを推奨しているのはブートキャンプだけでなく、政治家が人々に奨励するものでもあるのだ。
    ハリウッドからテック業界の有名人にいたるまで、社会のあらゆる人々がプログラミングを学ぶことを熱心に奨励している。
    その流れに逆らうようだが、私はそのコーディング・ブートキャンプにたいして懐疑的な見方をしている。
    私たちの社会がシリコンバレーをセクシーなものとして仕立てあげ、ブートキャンプのつやつやのパンフレットでは
    卒業後には給料の高い仕事を得られると謳ってある。だが現実には、多くの訓練機関はなんの認定も受けておらず、
    卒業後の就職に関する統計資料を公表していない。生徒が卒業後に成功するかどうかは、
    保証されたものではないのだ。正当なプログラマーの養成機関もあり、本当に生徒のことを想う機関も多い。
    だがそれ以上に多くの数の機関は、インチキ者に運営された、人々の必死な心につけ入るようなものなのだ。
    誤解はしないでほしい。私もエンジニアリングやプログラミングは重要なスキルであるとは思っている。
    しかし、それは特定の状況下のみにおいて重要なのであるし、成功のために心血をそそぐ意思のある人のみに
    こそ重要なものなのだ。これは他のスキルにも言えることだ。私が人々に測量技術を奨励する度合いと、
    プログラミングを奨励する度合いは、なんら変わらない。
    プログラミングが注目されたことにより、問題を理解することよりも、それを「正しい方法で」解決することに重きが置かれるようになった。

    【【IT業界】頼むからプログラミングを学ばないでくれ「プログラミングを学ぶことと、それを生業とすることの間には高い壁がある」】の続きを読む

    このページのトップヘ